はたらく人ファーストアワード2023

「はたらく人」一人ひとりを「ファースト」に。

「はたらく人」一人ひとりを「ファースト」に。

concept

企業のみなさんへ

労働人口の低下、需要と供給のミスマッチなど、
日本の労働市場は様々な課題を抱えています。

そんな中、わたしたちが着目したのは、
多様なはたらきがいを認め、はたらく人一人ひとりを大切にするということ。

そうすることで、はたらく人のエンゲージメントが高まり、
生産性の向上や労働の効率化、
さらに、はたらきやすくなる人が増え労働力の拡大など、
課題解決につながるのではないかと考えています。

いま改めて、「はたらく人」一人ひとりを「ファースト」に。

日本の労働課題解決を目指すミイダスと朝日新聞の共同で
「はたらく人ファースト宣言」を行います。

はたらくみなさんへ

みなさんは何に「はたらきがい」を感じますか?
自分の成長?給与や報酬?一緒にはたらく人との信頼関係?

コロナ禍を経た今、ライフスタイルや価値観がより多様化していく中で、
「はたらきがい」も多様化が進んでいるのではないでしょうか。

わたしたちは、多様な「はたらきがい」を認めることで、
はたらく人一人ひとりを大切にしていきたい。
そうすることで、すべての人がはたらきやすい社会に
つながっていくと考えています。

いま改めて、「はたらく人」一人ひとりを「ファースト」に。

すべてのはたらく人がはたらきやすい社会を目指す
ミイダスと朝日新聞の共同で
「はたらく人ファースト宣言」を行います。

共催

  • ミイダス
  • 朝日新聞社

後援

経済産業省

協力

ツギノジダイ
WORKERS FIRST AWARDWORKERS FIRST AWARD
WORKERS FIRST AWARDWORKERS FIRST AWARD

審査員

賛同企業のご紹介

「はたらく人ファースト宣言」に賛同いただいた企業をご紹介します。現在1,200社以上の企業に賛同いただいています。

賛同企業をみる
代表 後藤喜悦の写真

後藤喜悦

ミイダス株式会社 代表取締役社長

「はたらく人」一人ひとりを
「ファースト」に。

いま、世の中は大きく変革をしています。
労働人口は大幅に減り、コロナで仕事への価値観やはたらく環境が変わり、ChatGPTを代表するAIによって人がするべき仕事の種類が変わってきています。

このような労働の大変革時代において、経営者から従業員までの「はたらきがい」をもっと正確に理解し、「はたらく人」に今まで以上にフォーカスをした企業や組織、社会を目指していく必要があると考えております。

そこでミイダスでは皆さんとともに課題に取り組むため、「はたらく人ファーストアワード」を設立しました。

今までのエンゲージメントサーベイでは難しかった「正確なはたらく人の声の収集」と「明確な課題の優先順位付け」を目指した調査設計を作り上げました。

また、中小企業を含め多くの企業様が使えるように「はたらく人ファーストアワード」に参加するために必要なエントリー費やツールの利用費は一切無料にいたしました。

さらには朝日新聞様や人材業界におけるスペシャリストの皆様のご協力を得て、より公正なアワードを通じて、参加いただくすべての企業様に「はたらく人ファースト」について深く考え、より実践的で実施可能な解決方法を共有していく場となりますよう努めてまいりますので、奮ってご参加いただけますようよろしくお願いします。

ORGANIZATION SURVEYORGANIZATION SURVEY
ORGANIZATION SURVEYORGANIZATION SURVEY
はたらきがいサーベイ 画面イメージ

ミイダスのはたらきがいサーベイとは

はたらく人のエンゲージメントをアンケートを通して集計することで、会社の「はたらきがい」を正確に算定することができます。

また、会社がはたらく人のはたらきがいを引き出す環境をつくれているかどうかも定量的に評価します。

ミイダス by Persol
詳しくはこちらから

もはや、過去の「はたらき方」では上手くいかない?

  • はたらく人の25%が「はたらきがい」を感じていない

    『今の仕事に「はたらきがい」を感じているかどうか』N=450 単一回答

    『今の仕事に「はたらきがい」を感じているかどうか』の調査結果グラフ
  • 約9割が「はたらきがい」の多様化を促進するべき

    『今後「はたらきがい」の多様化を促進するべきかどうか』N=450 単一回答

    『今後「はたらきがい」の多様化を促進するべきかどうか』の調査結果グラフ
  • はたらきがいを感じていない
    人の理由
    TOP3

    『今の仕事に「はたらきがい」を感じて
    いない理由』N=115 複数回答

    『今の仕事に「はたらきがい」を感じていない理由』の調査結果グラフ

【はたらきがいと従来のエンゲージメントサーベイに関する調査】

※調査方法 : インターネット調査 / 調査期間 :2023年6月26日(月)〜6月29日(木)

※調査対象 : 全国の20歳~59歳の男女450名(経営者、中間管理職、一般社員の各役職150名)を対象に調査

※調査機関 : 株式会社ネオマーケティング

※調査結果の詳細については、こちらからご確認いただけます

Q&A

応募企業の対象条件はありますか?
条件を満たしていればどの企業様も応募いただけます。
はたらきがいサーベイの実施は費用がかかりますか?
無料で導入していただけます。
はたらきがいサーベイの実施は難しいのですが、アワードへ応募は可能ですか?
アワードへの応募は、はたらきがいサーベイの実施が必須です。
はたらきがいサーベイの実施が難しい場合でも、「はたらく人ファースト宣言」への賛同いただくことでアワードに参加いただけます。
はたらきがいサーベイの最低有効回答人数はありますか?
会社全体の状況・課題を把握するためにも、はたらきがいサーベイの実施については従業員の8割以上に回答いただくことを推奨しております。
応募にはミイダスへの登録は必要ですか?
アワードの応募条件である「はたらく人ファースト宣言」の賛同にはミイダスへの企業登録が必要です。
はたらきがいサーベイのデータはどのように活用されますか?
「はたらく人ファースト宣言」の賛同にいただいた時点でミイダスへのサービス登録がされるので、ミイダスの個人情報方針に則って活用いたします。詳しくはこちらをご覧ください。