ミイダスのレギュラー/スポットを正社員採用のツールとして活用

稲葉自工株式会社 代表取締役社長 稲葉様
この記事の要約
稲葉自工は北海道の物流の中心である苫小牧市に拠点を置く自動車整備工場。春秋の繁忙期や、最近物流の動きも盛んになり仕事が増えてきたことなどから正社員を募集することとした。その採用ツールの一環としてミイダスのレギュラー/スポットも活用。スポット採用から正社員採用を希望する人材との出会いを期待している。

※レギュラー/スポットとは:正社員や契約社員などの長期雇用ではなく、1日〜数ヶ月を想定した業務委託の雇用契約形態です。プロジェクト発生に伴って人員リソースが必要なケースや今後の事業展開において市場調査が必要なケース、高度な技術・専門知識を要する時など、さまざまなビジネスシーンで活用可能な雇用契約形態のこと。
企業様紹介

従業員数区分:7人(取材時)
募集職種:自動車整備士(1、2名)
北海道苫小牧市で自動車整備を行う稲葉自工株式会社の稲葉代表取締役にお話を伺いました。

事業内容

北海道有数の物流の中枢・苫小牧市で自家用車をはじめ、港湾で荷積み・運搬を行う大型のトレーラー、トラックなど、あらゆる種類の自動車整備を行っている。

繁忙期の人手不足も補うスポット雇用から、正社員としての採用を期待

実際に求職者が目に見える点に魅力を感じ、ミイダスを導入

当社が拠点とする北海道の苫小牧市は北海道の海の玄関口ともいえる港湾の町であり、また千歳空港も近いことから、道内の物流の心臓部ともいえる役割を担う地です。そのため当社が取り扱う自動車は、自家用車はもちろん、大型のトレーラーやトラックなど、物流の現場を担うものも相当数あります。そうしたなか、近年物流の増加に伴い仕事も増え、また春と秋は自動車業界の決算期に当たることから整備の仕事も定期的なピークシーズンとなること、また定年退職者も出たことから、正社員として自動車整備士を募集することとしました。しかしなかなか採用に繋がらないなか、ミイダスの担当者からセールスコールがありました。実際の画面を見ながら話を聞いたところ、求職者の数が実際に目でわかるという点に魅力を感じ、導入を決めたのです。

スポット採用から正社員へ。ミイダスのレギュラー/スポットを正社員採用ツールとして活用

当社ではミイダスで正社員のほか、レギュラー/スポットを利用して、スポット採用――いわばアルバイトも募集しています。これは繁忙期となる春や秋の人手を確保したいという思いもありますが、レギュラー/スポットを利用する一番の理由は、正社員採用のためのツールの一つであるという点です。
当社では先にもお話しした通り、土地柄的に大型車の取り扱いも多いのですが、その技術は自家用車とは違うものがあり、それは現場で先輩の仕事を見ながら覚えていくしかないためです。ミイダスのスポット採用を通して採用した人材の中から、正社員を希望する人材が出てくるかもしれない。それも一つの考え方かと思い、またそうした出会いを期待しています。

よりよい作業現場づくりを目指す。コツコツと作業をすることが好きな人材との出会いを期待

当社は先代の頃からコツコツとまじめに作業に当たる整備士が多く、その社風は今でも変わりません。自動車整備士の資格は、入社時は3級、2級であったとしても、現場での経験を通してよりステップアップしていくことも可能です。ミイダスを通じてそうした人材と出会えればと思っています。小規模な作業場ではありますが、古いところを少しずつ新しくしたり、スペースを広げたりするなど合理的な作業場を作りつつ、道内の物流を支える苫小牧市の自動車整備会社として、貢献していきたいと考えています。

まずはお気軽にお試しください